MENU
ビジョン

ビジョン


 

壮大な夢「石油に代わるエネルギー」

エネルギーの歴史を振り返りますと、産業革命の発端となった石炭から石油に代わるまで、およそ百年かかっています。

石油に代わるエネルギーとしては、天然ガス、最近はメタルハイドレートが注目されていますが、いずれも同じ化石燃料であり、エネルギーを取り出した後に残る二酸化炭素や、不純物として含まれる窒素酸化物、硫黄酸化物などが、気体や粒子状物質として排出され、様々な環境問題を引き起こす原因となっています。

さらに、従来の化石燃料による発電に代わるものとして原子力発電がありますが、水力、火力と同様に、発電所そのものはグリッドでつながっていて、電気を送電する大きな基地が必要になります。そうした従来の発電所に代わるものとして、今一番可能性があるのが、マグネシウムによるエネルギー循環システムで、一言でその特徴を表現すると「持ち運びができる発電所」と言うことができるでしょう。

つまり、中東から石油をタンカーでコンビナートに運ぶのと同じように、「発電所」そのものを持ち運びできるということです。

共同研究開発・協力企業/大学

協力企業

ASK PLANNING